ニュース

東北地方太平洋沖地震対策にLotusLiveを無償提供

2011年3月14日

東北地方太平洋沖地震対策にLotusLiveを無償提供

日本IBM(社長・橋本孝之、NYSE:IBM)は、東北地方太平洋沖地震への復興を支援する、「東北地方太平洋沖地震対策 LotusLive 無償提供プログラム」を発表します。被災地での活動において、情報共有やメールの手段が必要な組織(地方公共団体、社会貢献活動や慈善活動を行う非営利団体等)を対象に、活動のご支援を目的として、Webブラウザーのみで利用可能なLotusLiveのコラボレーションやメール機能を各組織に対して3ヶ月間の無償での使用を本日から提供開始します。

「東北地方太平洋沖地震対策 LotusLive 無償提供プログラム」の概要は、以下の通りです。



プログラム:
東北地方太平洋沖地震対策 LotusLive 無償提供プログラム
適用条件と対象:
災害救助法適用地域において情報共有やメールの機能を必要とする組織(地方公共団体、社会貢献活動や慈善活動を行う非営利団体等)
対象期間:
本日から2011年7月31日(申込み期限は2011年4月30日まで)
申請手続:
下記、問い合わせ先にメールにてご連絡ください。
東北地方太平洋沖地震対策 LotusLive 無償提供プログラム受付窓口
 メールアドレス: sbcloud@jp.ibm.com


* プログラムの詳細に関しては、以下のURLをご参照ください
https://www.ibm.com/developerworks/mydeveloperworks/groups/service/html/communityview?communityUuid=df303997-86a2-4f64-94c8-cfdcbb6178bf