プレスリリース

アシスト、日本アイ・ビー・エム、日本オラクル 仮想化ソリューションで協業

2008年7月10日

株式会社アシスト
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本オラクル株式会社

アシスト、日本アイ・ビー・エム、日本オラクル
仮想化ソリューションで協業
~次世代ITインフラの推進~

株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:ビル・トッテン)、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都港区、社長兼会長:大歳卓麻、NYSE:IBM)、および日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区、社長執行役員 最高経営責任者:遠藤隆雄)は、オラクルのサーバー仮想化製品「Oracle VM」を活用した仮想化ソリューションおよびITインフラ領域において協業します。

仮想化技術は、プロセッサーやメモリーなどシステム上の資源を論理的に拡張・集約・分割する技術で、お客様にとって、コスト削減、運用管理の効率化、システム移行にかかる負荷軽減といったメリットがあり、近年のシステム構築では重要になってきています。

今回の3社協業の具体的な内容は以下の通りです。

1.) 技術検証

検証結果を、ベストプラクティスとして活用できるようにまとめ、お客様やビジネスパートナー様へのシステム提案活動において活用していきます。尚、検証を実施する予定のモデルは、下記の通りです。

2.) 販売・サポート

3.) アシスト・IBM・オラクル仮想化アライアンス設立


サーバー仮想化製品「Oracle VM」の詳細は、詳細は下記のVirtualizationサイトを参照下さい。

OracleVM支援サービス
http://www.ashisuto.co.jp/prod/oraclevm/

IBM グローバルISVソリューションズ
http://www.ibm.com/jp/solutions/gisv/solutions/oracle.html

Oracle VM
http://www.oracle.com/lang/jp/technologies/virtualization/index.html

Oracle GRID Center
http://www.oracle.co.jp/solutions/grid_center/ibm/index.html


アシストについて
株式会社アシストは1972年設立。多種多様なビジネス分野向けパッケージ・ソフトウェアの販売、RAC導入支援などソフトウェアを活用するために独自で提供するサポート/教育サービスのほか、顧客の課題を切り口としたコンサルティング・サービスを提供しています。2008年度も引き続き、顧客の「企業力強化」をテーマに活動を行い、顧客企業の情報活用、内部統制対応、営業力強化、ブランド力強化等につながる、優れた製品と顧客の立場に立ったきめ細かいサービスを提供します。
http://www.ashisuto.co.jp/

日本アイ・ビー・エムについて
日本IBMの詳細に関しては、http://www.ibm.com/jpをご覧下さい。

日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、米国オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月 28日に東証一部上場。従業員数2,135名(2008年5月末現在)。


【参考資料】

「アシスト・IBM・オラクル仮想化アライアンス」への設立趣旨賛同の各社(五十音順)

IBM、BladeCenter、System xは、International Business Machines Corporationの米国およびその他の国における商標。
Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。