本文へジャンプ

プレスリリース

IBMのネットワーク・スイッチが次世代通信規格「オープンフロー」に対応

2011年11月11日

IBMのネットワーク・スイッチが
次世代通信規格「オープンフロー」に対応

日本IBM(社長:橋本 孝之、NYSE:IBM)は、IBMのネットワーク・スイッチの最上位機種「IBM® BNT バーチャル・ファブリック 10Gb G8264(以後、G8264)」において、データ転送時の通信経路をソフトウェアによって自在に制御する技術により、ネットワークの構成管理を自動化し、ネットワーク管理負荷さらには管理コストを削減する次世代通信規格「OpenFlow(オープンフロー)」に対応するオペレーティング・システム「IBM Networking OS 6.8.1」を本日から無償で提供します。

サーバー集約や仮想化によるサーバー統合により、データセンター内のコンピューティング資源の高密度化が進んでいます。ネットワークにおいても、スイッチやルーターなどのネットワーク機器の数が増え構成が複雑化し、また、稼動中の仮想サーバーを動的に再配置する技術などにより通信状況の監視が難しくなるなど、ネットワーク管理の負荷が高まっています。

オープンフローは、従来ネットワーク機器が持つ経路選択機能とデータ転送機能を分離し、経路選択機能をサーバーに移行することで、サーバーに搭載したソフトウェアから通信経路を決定できる通信規格です。サーバーからネットワーク全体を集中管理でき、物理的にネットワーク機器を変更したり手作業で設定を変更することなく、自動的に制御できます。これにより、混雑した通信経路を回避したい場合も構成変更を自動化でき、手作業であった従来に比べて、対応が速くなるだけでなく、管理負荷を削減できます。

「G8264」は、最大64個の全ポートで毎秒10ギガ・ビットの転送速度を提供するデータセンター向けのネットワーク・スイッチで、2011年3月から430万円(税別)で販売しています。本日より、IBMのホームページから最新のファームウェアをダウンロードし導入することで、G8264はオープンフローに対応します。G8264は毎秒1.28テラ・ビットの伝送能力を持っておりオープンフロー対応の製品の中で、世界最速です(*1)。お客様は、サーバーにオープンソースまたは商用のオープンフロー・コントローラ・ソフトウェアを導入し、G8264と接続することで(*2)、オープンフローに対応したネットワークを構築できます。


(*1) 2011年11月11日現在、日本IBMの調査による。
(*2) G8264は、商用のオープンフロー向けコントローラ機器にも接続可能。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、BNTは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。