プレスリリース

学生や技術者向けの新たなスキル・プログラムを発表

2012年12月10日

学生や技術者が将来の仕事に備えるための
新たなスキル・プログラムを発表

[米国アーモンク 2012年12月5日 (現地時間) 発]

IBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、CEO:バージニア・M・ロメッティ、NYSE:IBM)は本日、学生やIT技術者向けに、技術スキルの育成および将来の仕事への準備を支援する新しいプログラムを発表しました。このプログラムにはIT技術者のためのトレーニング・コースや資料、環境、教員のための技術資料や教材、そして学生を実際のビジネス課題に従事させる拡張プログラムが含まれています。

新しいプログラムは技術スキルにおけるギャップを解消するためもので、このギャップは、本日発表の「2012 Technology Trend Report」で指摘されています。IBM Center for Applied Insightsが作成した当レポートによると、ビジネス・アナリティクスやモバイル・クラウド・コンピューティング、そしてソーシャル・ビジネスなどの先進テクノロジーを効果的に活用できる組織は、10のうち1組織しかありません。加えて、調査を受けた教員や学生の半数近くが、先進テクノロジー向けスキルへの高まる需要と自身との間に大きな隔たりを感じていることが分かりました。

当レポートからの主な調査結果を示すインタラクティブ・グラフィックはこちらです。

IBMの大学および開発者向けプログラムを担当するゼネラル・マネージャー、ジム・コージル(Jim Corgel)は次のように述べています。「イノベーションを起こし、顧客需要を満たしてビジネスを成長させる組織の能力に、高いスキルを持つ技術者を有することは、きわめて重要です。広がりつつあるITスキルのギャップを解消すべく、IBMはサイバー・セキュリティーやモバイル・コンピューティング、コマースなどの重要分野におけるスキル育成プログラムを拡充しています。」

教員のための新しいカリキュラムおよびテクノロジーとトレーニング

米国労働統計局によると、IT関係の仕事は米国だけでも2020年にかけて22%の成長が見込まれるということです。これらの機会に向けて学生に準備させる教員を支援するため、IBMは本日、「アカデミック・イニシアティブ」開始以来最大規模の拡大を発表します。

IBMアカデミック・イニシアティブは、即座にビジネスに利用できるサイバー・セキュリティーのスキルを学生が習得できるように、ITセキュリティーに関するカリキュラムやトレーニング用の資料や環境を初めて提供します。サイバー・セキュリティーは、Technology Trend Report(US)で、先進テクノロジーの導入を阻むトップ要因に挙げられている一方で、成長の見込まれる重要な分野でもあります。事実、サイバー・セキュリティー分野の労働人口は2015年には2倍近くまでに増えると予想されています。新しいサイバー・セキュリティーのオファリングには、以下の内容が含まれています。

最新の企業レベルの技術を追加費用なしでクラスルームへもたらすことは、スキル開発の上でとても重要です。IBMアカデミック・イニシアティブは今回、3つの分野におけるソフトウェア・ライセンスとハウツー・トレーニングの材料を提供します。

そして最後に、先進テクノロジーに関する教員のスキルをアップデートするべく、IBMは本日「Knowledge Exchange」を発表しました。このオンラインによる資源は、世界中の教員が学習用教材やベスト・プラクティスを共有し、互いに協業することを可能にします。ナレッジ・エクスチェンジでは、まず最初に、「IBM Smarter Planet Innovation Award」を受賞した教員のカリキュラムを提供します。

IT技術者のための新しいトレーニング・コースと支援

難解なビジネス課題を解決するためにテクノロジーを活用する組織が増えるにつれ、熟練したIT技術者への需要は全産業で増え続けています。例えば、TechAmericaの最近のレポートは、政府職員に対し、ビッグデータ分野でのスキル向上の必要性を指摘しています。さらに、2012 IBM Tech Trendsのレポートによると、ビジネス・アナリティクスの専門家の不足が、ビジネス・アナリティクスの導入を阻む最大の要因であると指摘しています。

IT実践者がテクノロジーの急速な進化についていけるように、IBMは以下のような支援を行っています。

新しい学生支援プログラム
IBMはまた、ビジネスやマーケティング、サイエンス分野などのさまざまなキャリア・パスにおいて、ビジネス・アナリティクスやセキュリティーなどの先進テクノロジーがいかに重要かを学生に理解してもらうために、学生により身近な取り組みを行っています。

IBMと大学の専門家はクラウド・コンピューティングやビジネス・アナリティクス、ソーシャル・ビジネスやモバイル・コンピューティングに必要な特定のスキルにおける見解を共有してきました。ビデオを視聴するには、「IBM Ecosystem You Tube」チャネルをご覧ください。

IBM Center for Applied Insightsは、2012 Technology Trends Reportのための研究・分析を行いました。レポートは、世界中の1900名以上のITおよびビジネス従事者、学生、大学教授への調査に基づき作成されたものです。


教員や教育機関向けの新しい支援については、以下をご参照ください。
https://www.ibm.com/developerworks/university/academicinitiative/

開発者向けの新しい支援については、以下をご参照ください。
http://www.ibm.com/developerworks/

IBM Security Servicesについては、以下をご参照ください。
http://www-935.ibm.com/services/us/en/it-services/security-services.html

Tech Trendsのレポートについては、以下をご参照ください。
www.ibm.com/developerworks/techtrendsreport



当報道資料は2012年12月5日(現地時間)にIBM Corporationが発表したものの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
http://www.ibm.com/press/us/en/pressrelease/39463.wss

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、developerWorks、Power Systems、Smarter Planet、X-Forceは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、 http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください。

Smarter Planet

地球を、より賢く、スマートに