日産自動車株式会社

社内標準から世界標準へ 購買システムのグローバル化を共通インフラ構築で目指す

掲載日 2004年2月13日

経営再建への3カ年計画“NISSAN REVIVAL PLAN”(以下、NRP)を1年前倒しで達成した後、日産自動車株式会社(以下、日産)は新たな経営プログラム“日産180”を掲げました。その新3カ年計画日産180も、すでに2年目にさしかかっています。 日産では、日産180を完遂するための戦略ツールの1つとして、グローバル購買システム“GTOP21-Project”(以下、GTOP21)システムの導入を進めてきました。今回は、2003年7月にサービスインしたという同システムにフォーカスし、日産の情報システム(以下、IS)部門が推進してきた購買・調達における活動の一部をご紹介します。

目次

 

お客様ニーズ


ソリューション

[Package採用]
分類 代表業務 Solution 開発Vendor
Global標準業務
Process
取引先とのRFQ授受 SAP-SRM
SAP-WP
SAP
日産Group
優位性を保つ
業務Process
見積もり明細管理、
一律改定、
RFQ/取引先評価
など
内製開発 日本IBM
分析/Reporting
業務
Management-Report、
BMなど
SAP-BW 日本IBM

アーキテクチャーの構築には、ERPパッケージを使っています。取引先との授受など、グローバルで標準的な業務プロセスにはSAPが使われています。少々カスタマイズしてはいるものの、ほとんど標準機能で使われています。一方で、価格明細のコントロールや原低の自動計算などはすべて、日本IBMが内製開発しています。
「取引先との完全な標準のやり取りと、日産としての優位性を保つための表には出ない業務というものがあり、GTOP21はそういう意味では2つの側面を持っています。そこで表の標準化のところはSAPで、それ以外の部分は日本IBMに」(蓬沢氏)
要するに、サプライヤーとのやり取りをするところはSAPベースの標準的なプロセスで、周辺の高付加価値を付けている部分は日本IBMでサポートしていることになります。けれども取引先から見れば、ひとつのアプリケーションであり、システムの入り口もグローバルなポータルで統一しています。そしてポータルで認証を行ない、このGTOP21に入ってくる仕組みになっています。


導入効果


将来の展望


お客様の声


お客様情報

  1. お客様名:

    日産自動車株式会社

  2. 所在地:

    〒104-8023東京都中央区銀座6-17-1

  3. URL:

創立: 1933年12月26日
設立: 1950年6月1日
資本金: 6,058億1,300万円(2003年3月末現在)
社長兼最高経営責任者: カルロス ゴーン
従業員数: 31,128名(2003年3月末現在)
事業内容: 自動車の開発、製造、販売など


用語の説明


製品・技術情報

ソリューション


インダストリー


お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください。

ご登録受付中 !

お仕事に役立つIBM関連情報を活用しませんか?