Informix C-ISAM

ISAM ファイルを管理する C 言語関数ライブラリー製品

Informix® C-ISAMは、Indexed Sequential Access Method(索引付き順次アクセス方式、ISAM)ファイルを管理するC言語関数ライブラリー製品です。 リレーショナル・データベース(RDBMS)のようなオーバーヘッドを伴わない効率的なデータ・アクセスが可能です。

 
 

特長

素早いデータ検索

特定のデータを取得するためにレコードを厳密に調べる必要はありません。 C-ISAM B+ツリー・インデックス・アーキテクチャーが、データ検索を素早く容易なものにします。 余分なレコードを検索することなく、特定データの断片を見つけるためのレコードを示すキーとしてインデックス・エントリーを用います。 更に、C-ISAMでは、効率的なインデックスの管理と処理のために、キーを圧縮する技術を採用しています。 キーを圧縮することで、高速な応答と傑出したパフォーマンスを実現しています。

 

X/Open標準に準拠

業界標準のUNIXファイル・アクセス・メソッドを用います。 X/Open標準に準拠したC-ISAMは、ISAMのX/Open XPG3テスト群に適合するように設計されており、XPG4の仕様として追加された状態変数のサポートと同様に、可変長レコードをサポートします。

 

柔軟性の高いインデックス・オプション

Informix C-ISAMのインデックス機能は、多数のISAMファイル・インデックスに対応します。 インデックスは8パーツまで有することができ、それぞれのパーツを異なるデータ型にすることが可能です。 Informix C-ISAMで、複数のフィールド、単一のフィールド、もしくはフィールドのパーツ上にインデックスを構築することができ、同じインデックスの異なるパーツでデータを昇順もしくは降順に仕分けることが可能です。 また、C-ISAMでは多重化キー値、およびユニーク・キー値に対応します。 インデックスの作成後は、レコードの変更に伴って自動的にインデックスが更新されます。

 

データ整合性のサポート

データの整合性を保持するためにいくつかのメカニズムを提供します。 ロギング機能やリカバリー機能と同様に、トランザクション管理がシステムのイベントやディスク障害にあったデータの復旧を可能にし、ロック機構がデータの並列利用を管理します。 bcheckユーティリティは、インデックスの整合性を確保します。 

 

ISAM システム・メンテナンス

Informix C-ISAMは、ISAMシステムのメンテナンスを効率化し、組込みルーチンでメンテナンス・タスクを書くための所要時間を削減します。 Informix C-ISAMをアプリケーションにリンクすれば、以下のメンテナンス・タスクを組込みルーチンが実行します。

 

2009年10月23日


 

2009年1月16日


 

2008年7月2日

メールでお問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。