InfoSphere Federation Server

分散した、種類の異なるデータ・ソースを単一データベースのように透過的、かつリアルタイムに利用可能

タブの始まり

 

WebSphere Federation Server は InfoSphere™ Federation Server に製品名称を変更いたしました。(2008年9月)

InfoSphere Federation Serverは、企業内に分散する複数の多様なデータ・ソースを一つのデータベースであるかのように扱い、リアルタイムなアクセスを可能にするフェデレーション機能を持つ製品です。

アプリケーションが一つの仮想データベースにアクセスして、SQLで必要なデータをリクエストすると、フェデレーション機能が各種データ・ソースの命令やデータの違いを吸収し、実際のデータへのアクセスを可能にします。データ・ソース側からは、InfoSphere Federation Serverはそれぞれのデータ・ソースのクライアントとして見えるため、特別なモジュールを追加インストールする必要はありません。またフェデレーション機能は、リレーショナル・データベースに対しては、参照だけでなく更新も可能です。

フェデレーションによる単一仮想DBとDB2、Informix、SQL Server、Oralce、、IMSなどのDBとXML、MQ、ebサービス、アプリケーションとの連携図

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、developerWorks、InfoSphereおよびWebSphereは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US) をご覧ください。
Windowsは Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標。
UNIXはThe Open Groupの米国およびその他の国における登録商標。
Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における商標。

お問い合わせはこちら

まずはお気軽に
ご相談ください


0120-550-210
受付時間:
平日9時30分から17時30分まで(12時から13時を除く)

製品パンフレット