登場!InfoSphere Streams v3.1 InfoSphere Streams が実現するストリーミング・コンピューティング

InfoSphere Streams 概要タブ


InfoSphere Streams v3.1*

InfoSphere Streams v3.1 は、パフォーマンスの改善、開発者機能の向上、大規模システムの簡易な実装、スムーズなシステム統合を実現します。


IBM InfoSphere Streamsによって、大容量の変動する情報を継続的かつ非常に迅速に分析することが可能になり、ビジネス分析と意思決定を改善することができるようになります。

数千のリアルタイムの情報ソースから提供される情報を迅速に分析する高パフォーマンス・システムに基づいて、医療、天文学、製造、金融取引のようなさまざまな分野において意思決定のスピードと確度を向上します。

 

Linuxのオペレーティング・システムがサポートされます。


「アメリカ政府は2003年以来IBMの研究所と協力してデータ分析を根本的に変革する方法を模索し、変動するさまざまな種類のデータについて拡張性を保ちながら高速かつ複雑な分析を実現しようと努めてきました。これを実現するテクノロジーこそ、IBM InfoSphere Streamsです。本プロジェクトは大きな成功を収めたため、アメリカ政府はさらに導入を行い、政府内の他の機関でも将来のさまざまなプロジェクトでより大きな業績を達成できるようにしたいと考えています。」

あるアメリカの政府機関によるコメント


ビッグデータ解説

ビッグデータの分析のための思想から、今後の展望も含め、IBMのビッグデータに対する取り組みを紹介しています。


発表レター


プレスリリース


技術情報


資料ダウンロード

ストリームの処理グラフ

動いているデータをリアルタイムに分析

お問い合わせはこちら

まずはお気軽に
ご相談ください


0120-550-210
受付時間:
平日9時30分から17時30分まで(12時から13時を除く)

ホワイト・ペーパー

小売業・流通業のお客様向けビッグデータ活用のヒント New


IBM Big data

ビッグデータを企業の競争力に

膨大な情報を高速かつリアルタイムに処理


テクノロジーの起点:第5回

「ビッグデータ」概要編

ビジネスにひらめきを、社会にきらめきを。宝の情報は“Big data”の中に。


テクノロジーの起点:第6回

「ビッグデータ」実践編

ビジネスの打率も防御率もアップ。さらに確信ある意思決定へ。