当セミナーは盛況のうちに終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。


IBM Software XCITE Spring 2014

ソフトウェアとクラウドの祭典
IBM XCITE Autumn 2014


企業や社会がグローバル化に伴う急激な環境の変化に直面している一方で、クラウド・コンピューティング、モバイル、ビッグデータなどの新テクノロジーの発展によりITは新しい時代を迎えています。
いまやITは従来のデータセンターにとどまらず、企業資産、そして社会基盤など、あらゆるインフラに適用可能です。さらには、そこからのデータを収集し、分析することによって、新たな知見を得ると同時にセキュリティー・リスクを未然に防ぐ、“インフラのスマートな最適化”を実現するまでに進化しています。

今年の「Pulse Japan 2013」と「IBM セキュリティー・コンファレンス 2013」では、下記4つのテーマを軸に、インフラのスマートな最適化を実現するための最新情報を、各種業界のお客様事例を交えてご紹介します。

また、最新の製品・ソリューションを実機やデモで体験できる展示コーナーも併設しております。

イベント概要

日時:

2013年5月24日(金曜日)
10時00分~18時00分(受付開始9時30分)

※ 終了しました

場所:

主催:

日本アイ・ビー・エム株式会社

クラウド・コンピューティングを中心としたITの最適化

ビジネスの急激な変化や事業立ち上げ時にスピーディーに対応し、運用コストの最適化を促進するクラウド・コンピューティングは、今日の競争環境で俊敏にビジネスを行うための重要なITインフラです。本トラックでは、クラウドを中心としたIT最適化のための最新情報とともに、成功事例をご紹介します。

モバイル・デバイスを含むエンドポイント管理

スマートフォンやタブレットが普及し、それらを活用する企業は、ビジネスの生産性や俊敏性を大幅に向上させています。一方で、モバイルを含むエンドポイント管理にあたり、セキュリティーやITガバナンス、運用負荷の観点から新たな課題も生じています。エンドポイント管理の最新動向をお伝えするとともに、課題を解決するソリューションと活用事例をご紹介します。

企業資産・社会インフラ管理

IT資産、建物、車両といったあらゆる企業資産や、橋、道路、水道施設などの社会インフラを単一プラットフォーム上で管理することによって、資産管理の効率を高めサービス改善につながります。戦略的な企業資産管理、スマーターシティーのためのソリューションを事例を中心にご紹介します。

セキュリティー

標的型メール攻撃などますます高度化されたセキュリティー攻撃手法に対抗するために、より即応性があり、統合化された、情報分析型のアプローチ「セキュリティー・インテリジェンス」を活用し、被害を未然に防ぐことが重要です。本トラックでは、サイバー攻撃の最新動向やそれに対抗するソリューションを事例やデモを交えてご紹介します。

お申し込みページへアクセスできないお客様へ

お電話、e-メールにてお申し込み

お電話でお申し込み

IBMアクセスセンター Tel: 0120-300-426
受付時間:9時30分~17時30分 (土曜日、日曜日、祝日、12月30日から1月3日を除く)

※「Pulse Japan 2013 / IBM セキュリティー・コンファレンス 2013 (5月24日)の申し込み」とお申し付けください。


e-メールでお申し込み

e-メールに以下の情報を記入の上、上記のメール・アドレスに送信ください。IBMアクセスセンターより受信ご確認のご連絡をいたします。

送信タイトル:「Pulse Japan 2013 / IBM セキュリティー・コンファレンス 2013(5月24日)」申し込み
必須事項: