クラウド・コンピューティング

プライベート・クラウド環境の構築には、「ITインフラの統合化・仮想化」、「仮想イメージとワークロードの管理」、「カタログ化したサービス提供や課金によるプロセスの自動化」という大きく3つのステップがあります。

IBMは、ビジネス・ニーズとIT環境に応じてお客様が選択可能な、柔軟なアプローチをご提供します。

プライベート・クラウド環境構築の3つのステップ

統合化・仮想化

スケーラブルで効率性の高いシステムを用いた仮想化基盤の構築とサーバー環境の統合が、プライベート・クラウド環境を構築する出発点です。

管理

仮想イメージとワークロードの管理を、迅速かつ容易に実現するエントリーレベルのプライベート・クラウド環境を構築します。

自動化

カタログ化したサービス提供や課金によるプロセスの自動化など、必要なものを完備したプリパッケージのサービス・デリバリー・プラットフォームです。

プライベート・クラウド環境構築を支えるIBMのハードウェア製品