次世代ネットワークOpenFlowをはじめよう

はじめに

次世代ネットワーク技術として、大きく注目を集めているOpenFlow(オープンフロー)。
IBMは、OpenFlowを推進する標準化団体であるOpen Networking Foundation(ONF)に積極的に参画して、OpenFlowを推進しています。OpenFlowへの注目度・期待は非常に高く、2012年のInteropやITPro Expoでも大規模に展示され、多くの参加者が集まりました。OpenFlowがここまで注目と期待を集める理由をご理解いただくと、次世代のネットワークの世界、システムの世界が見えてきます。

OpenFlowとは

既存のネットワークは、下図左側のように、分散された各スイッチ上で経路制御機能とデータ転送機能を設定し、実行しています。そのため、各スイッチの設定・実行を運用・管理していくことで、ネットワーク全体を構成しています。また、物理ネットワークだけでなく、仮想ネットワークについても、同様の設定・実行が必要であり、ネットワークの規模が大きくなるほど、複雑性は高まり、運用と管理の負荷が増加していきます。

OpenFlowは、次世代ネットワークとして期待される技術です。OpenFlowでは、下図右側のように、ネットワーク全体の経路制御はコントローラーと呼ばれるソフトウェアで一元管理し、スイッチではデータ転送機能のみを実行します。物理ネットワーク・仮想ネットワークの両方を、コントローラーで一元管理することによって既存のネットワークで実施していた各スイッチでの経路制御の設定がなくなり、ネットワークの単純化と運用と管理の負荷の大幅な削減を実現します。また、コントローラーによるネットワークの一元管理により、物理・仮想ネットワーク構成の動的な最適化が可能となります。

OpenFlowと既存のネットワークとの比較

OpenFlowと既存のネットワークとの比較イメージ

お見積りのご依頼・ご購入相談

IBM System Networkingについて