AIXは、必要なアプリケーションを必要なハードウェア、つまりIBM UNIX サーバーで実行することができるオープンなUNIXオペレーティング・システムです。AIXをIBM Virtualizationオファリングと組み合わせると、柔軟性とパフォーマンスがさらに向上します。AIXは、今日の情報技術環境の要求を満たすのに不可欠なハイレベルのセキュリティー、統合、柔軟性、および信頼性を実現します。AIXは、IBM System p、BladeCenter、IntelliStation POWER、および System iプラットフォーム、ならびにIBM RS/6000サーバーなどの従来のIBM UNIX製品やワークステーション製品ラインで動作します。

バージョン別詳細情報

AIX 7

AIXオペレーティング・システムの最新バージョンであるバージョン7.1によって、UNIXコンピューティングをさらにレベルアップします。AIX 7に搭載されている仮想化機能は、サーバーの使用率を大幅に向上させるとともに、ワークロードを統合して管理効率を改善するのに役立ちます。また、AIX 7は、先進のセキュリティーと可用性機能も備えているので、システムの保護と高い可用性を保証します。AIX 7は、AIX 6やAIX 5Lなどの以前のバージョンのAIXとのバイナリー互換性があります。

※ AIXのバイナリー互換性に関する詳細情報は、次のWebサイトでご覧ください。

AIX 6.1

最新バージョンのAIXオペレーティング・システム、バージョン6.1は、UNIXコンピューティングをさらにレベルアップします。AIX 6.1に搭載されている新しい仮想化機能は、サーバーの使用率を大幅に向上させるとともに、ワークロードを統合して管理効率の改善にも役立ちます。また、AIX 6.1は、先進の新しいセキュリティーと可用性機能も備えているので、システムの保護と高い可用性を保証します。AIX 6.1は、IBMオペレーティング・システム・イノベーションの長い実績の中で最新の成果です。これらのすべてにわたって機能強化を図りながら、AIXバージョン6.1は、AIX 5L、およびさらにそれ以前にリリースされたAIXオペレーティング・システム との完全なバイナリー互換性をも実現しています。

※ AIXのバイナリー互換性に関する詳細情報は、次のWebサイトでご覧ください。

独立系ソフトウェア・パートナーによるAIXのサポート

独立系ソフトウェア・パートナーは、AIXを第1のUNIXオペレーティング・システムとして認めています。現在では、3000を超えるISVがAIX 5Lで8000を超えるアプリケーションをサポートしています。今日、ほぼすべてのお客様のコア・アプリケーションがサポートされます。特殊なアプリケーションの場合、IBMはアプリケーションを最新のAIXプラットフォームに移植するための素早いプロセスを提供します。